農村ビジネスとは

佐賀県では、農産加工、農産直売所、体験・観光農園、農家レストラン、農家民宿、など農村にある資源・魅力を活かしたビジネスを「農村ビジネス」と呼んでいます。※「農村ビジネス」の中に、いわゆる6次産業化の概念が含まれます。

 

農村ビジネスのイメージ

 

6次産業化とは

農林漁業者等が地域内で生産(1 次産業)された新鮮で良質な農林水産物を素材として製品加工(2 次産業)することによって付加価値を高め、流通・販売(3 次産業)までを行うことにより、所得を増大することです。

 

1次産業×2次産業×3次産業=6次産業化

 

6 次産業化により、農林水産業の総合産業化を図り、農山漁村地域における所得の増大や雇用の場の創出を図り、地域活性化につながることが目的です。

お問い合わせ

総合化事業計画に係わる
認定の申請について(農林水産省HP)

プランナーリスト