さがんもんたち

嬉野茶輪・茶畑テリーヌ・茶葉ショコラ

嬉野茶輪・茶畑テリーヌ・茶葉ショコラ

お菓子×嬉野茶 飲む茶ではなく食べる茶

佐賀県嬉野市は「お茶」と「温泉」と「焼き物」の3つが共存する町で、その中でも嬉野茶は500年以上もの歴史があります。
抹茶を使用したお菓子は沢山ありますが嬉野茶を使用したお菓子はほんの僅かしかありません。
今回のお菓子の開発にあたり各菓子に合わせ品種別に茶を選別し、茶葉のもつ味わいや香りなどのポテンシャルを最大限に引き出すために多くの時間をかけ作り上げました。

 

[Production]Spica -patisser ie- × [Agriculture]三根孝一緑茶園

佐賀県嬉野市を代表する農産物「嬉野茶」。
近年荒茶の生産量、栽培面積、価格ともに減少傾向にあり、お茶を淹れ愉しむことよりも手軽に飲むことができる、ペットボトル用の茶の需要が増えている傾向にあります。
そこでお菓子と嬉野茶を使って何かできないかと考えこれまでの「飲む茶」としてではなく、「食べる茶」として新しい提案ができないかと考えました。

 

嬉野茶輪・茶畑テリーヌ・茶葉ショコラ

 

 嬉野茶バウムクーヘン

嬉野茶バウムクーヘン

原材料/卵、砂糖、バター、植物油脂、薄力粉、コーンスターチ、米澱粉、米粉、粉末緑茶、ベーキングパウダー、洋酒

内容量/1個

 

小売希望価格  3,000 円(税別)

 茶畑テリーヌ

茶畑テリーヌ

原材料/原材料/ホワイトチョコレート、マーガリン、卵、グラニュー糖、薄力粉

内容量/1個

 

小売希望価格 2,500 円(税別)

 茶葉ショコラ

茶葉ショコラ

原材料/砂糖、食用精製加工油脂、茶葉、ココアパウダー、乳化剤(大豆由来)、香料

内容量/1枚

 

小売希望価格  300 円(税別)

 

 

Spica -patisserie-

“ 食べるお茶” としての提案

嬉野の代表的な農産物である嬉野茶を活用し、飲むだけでなく“ 食べるお茶” としての提案を通し、“ お茶の魅力” そして嬉野という“ 町の魅力” を沢山の人に届けることが出来るように、商品に関わる全ての人々の想いを紡ぎ合い地域一体となった連携で、事業の成功と発展に努めて行きたいと思います。

 

【お問い合わせ】

Spica -patisserie-

〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町下宿甲1460-3
TEL/FAX :0954-43-5001